コラム

Columnコラム

私の耳は貝の殻 海の響きをなつかしむ(ジャン・コクトー:フランスの詩人)  

2023.09.07

■今日のバイブレーション■

     私の耳は貝の殻 海の響きをなつかしむ 
              (ジャン・コクトー:フランスの詩人)       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●今日のバイブレーションから思い浮かんだ事●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここに一枚の写真がある。つい最近、大切に大切に、ケースに収められて、
届けられた。オホーツクの藍色の海と、それよりは少し淡いが、北国の、雲ひ
とつない青空をバックに、屈託のない笑顔を浮かべつつ砂浜に座り込んでいる
男の写真である。海からの突然の贈り物を、絶対に誰にも渡さないという意志
が、その贈り物を抱きかかえている腕(かいな)にうかがえる。

 「物」は例のイカ釣り船の照明灯である。男は私。

 私は、前回もいったように山系の人間である。
家内は、老後、海の側で暮らしたいというが、私はできれば濃密な緑に包まれ
ていれば、何もいらない。(折り合いをつける機会があるのか、それとも最近
よくある、思わぬ亀裂に帰結するのか判らぬが・・)

 それでも、この写真の中の自分には、ちょっと感動する。
こんな表情をする男だったのか、とあらためて思う。

 そんな時に、このコクトーの言葉を思い出した。

 海が生命の源泉であることは、科学的事実である。
母体の中での、人類の成長過程に、魚から両生類、爬虫類、哺乳類がすべて現れ
ると言う。

 男は、どうもその真実を、この北の海で体感したようだ。
 その生命の海の、上澄み部分である波が、まるで、時を読んでいたかのように、
運び来たった、スペシャルギフト。

 無碍にはできない。

 男はまるで少年のように笑っている。
BGMは勿論、何度も寄せ、返す、北の海の波と、思いがけないほどの柔らかさ
をもつ北の潮風にのって運ばれる、ちょっと昔は少女だった人たちの笑い声。

 これ以上の音楽は無用である。

 そんな音が聞こえてくる一枚の写真がある。

一覧に戻る

有限会社 文化センターボックス

私たちは障がい者アート協会を応援しています

アート協会
「障がい者アート協会と私たちの願い」⇒リンク先はこちら
所在地
〒359-0038
埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103
TEL
04-2998-0750
FAX
04-2998-0751
お問い合わせはこちら